越前屋、お主も悪よのう

WEB屋の日常。

*

dyson AM05、使ってみなければわからない dyson 哲学

      2013/11/22

dyson_am05_mator

長年 DC-31 を愛用してるのですが、今回お借りした AM05 にも同じ哲学を感じました。

見た目で語られる事が多いけど超実用的

機能が絞り込まれている

hot と cool の切り替えボタンはありません… なんという潔さ。
タイマーもありません… これは付けて欲しかった。

日本の製品と違って能力を 100% を使い切る心地よさはジワジワきます。

パワフルゆえの騒音

dyson の製品はうるさいと言われますが、使ってる時は気にならないもんです。(人によると思いますが)
騒音に配慮して、どっちつかずのほうがフラストレーションが溜まります。

遮音材を詰めてお茶を濁したりせず、設計で騒音を減らそうとする姿勢も素晴らしい。

音のしないドライヤーの特許も申請したみたいですし、今後に期待です。

日々のメンテナンスが楽

カタチに無駄がなく見た目にも美しいのですが、故に掃除が楽ちんなのは、とても嬉しいところ。

ブラック/ニッケルはファンの内側部分以外は、つや消しのラバーコーティング。シャレオツなんですが、想像通りホコリが吸い付きやすく、よく目立ちました。ただ常備している消毒用エタノール+(ローションなどが入ってない)普通のティッシュですっきりと拭き取ることができ、スクラッチもできませんでした。

先日返却したんですが、夏に扇風機としても使ってみたかったなあ。

※このエントリは 2013/10/28(月) に開催された dyson Hot and Cool ファンヒーター AM05 体感イベントから、気になったことを抜粋しています。

 - dyson